HIRONの好きなこと日常の出来事など綴っていきます。


by hiron-63
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CDでーた・TV-Japan

この2冊を購入してきました(^-^)
TVJapanは新聞を取ってない我が家の必需品なのでいつも通りの購入。
CDでーたは立ち読みしようと思ったんだけど
写真のまさやんにやられてしまい購入(*^.^*)
b0087833_13154383.jpg

あはっ^^カッコイイ♪♪
内容は「ADDRESS」の事。他の雑誌もそうだけど
CDでーたはちょっと違う感じ。
インタビュアーが、映像と親和性をもった楽曲があふれている。
ってコメントしてる。
「映像的な発想というのはたぶん、あったと思いますね。」
とまさやんもコメントを。他にも、
「自分の”歌”で”言葉”を聴かせたいと思ってね。」
というコメントもしてる。良い事言うじゃないですか~まさやん♪
TVJapanでは、音楽雑誌とはまた違う感じのコメントしてた。
b0087833_1343617.jpg




「前作アトリエも、つくるのは楽しかった。でも、時間をかけて頑張ったわりには
 報われとらん。改めて気付いたことがあるんですよ。ギターがうまい人はいるし、
 モータウンやブルースが好きな人もいっぱいいる。
 そんななかで自分が唯一これだけは・・・と言えるのは”声”しかないなと。
 自分ではやかましくて不愉快にも感じるんですけど(苦笑)
 せっかく人と違うものを持ってるんだったら、あとは、そこに持たせる意識を
 明確にしていけばいいんだと思ったんですよね。」
って。TVガイドでも同じ様な事をコメントしてた。
今回の「ADDRESS」はサウンドは名脇役。まさやんの声が主役って感じみたい。
聴くのがますます楽しみになってきたわ(^0^)

CDでーたで、まさやんが1曲1曲にコメントしてました。
①NAVEL
「グ・スーヨン監督の映画(プルコギ)のテーマソング。ちょっとおバカなPファンク」
②ADDRESS
「ディレクターがフランスで撮っていたトリの鳴き声なんですが、
 このトリのSEはかなり効いているよね。」
③ビー玉望遠鏡
「シングルとは違う大人バージョン。ホーンが順々に出てくる感じにして
 立体感を楽しもうかなと。」
④僕らは静かに消えていく
「春の引越しの歌。ストリングスのラインを見せたり、コーラスを増やして
 よりせつなくした。」
⑤陽気なゴースト
「スウィングジャズっぽい曲。歌詞は10年以上前に書いたものを
 少し手直し。面白いものができたと思う。」
⑥アンジェラ
「映画(アンジェラ)は、光と影のコントラストのあるモノクロだったから
 曲も陰影が出る雰囲気にした。」
⑦メヌエット
「(ロマンシング サガ ミンストレルソング)のテーマソングです。」
⑧8月のクリスマス
「主演した同名映画の主題歌をギターの弾き語りでやってみました。
 シングルとは違う味わいを楽しんでほしい。」
⑨十六夜
「アーシーなサウンドに乗せ、15年の時効が過ぎても罪人の16年目は
 どうなるんだろってことを歌ってみた。」
⑩道化者チャーリー
「10年以上も前につくった曲。今は書かない歌詞だから、逆に新鮮でしたね。
 映画っぽい曲になったよ。」
⑪晴男
「”はれお”と読みます。自分が晴れ男だったらいいなと思って(笑)
 (セロリ)以来のキャッチャーなレゲエです。」
⑫バス停
「これも10年以上前の曲で、デモテープのままシンプルさを大事にした曲。
 いい歌だなってそう思うよ(笑)」
[PR]
by hiron-63 | 2006-06-16 14:06 | 山崎まさよし